不動産営業に関する情報

不動産取引業者としての開業

不動産取引業者として開業するのは、必要書類を作成し定款を関係官庁に届ければできるわけですが、そのように簡単にいかないのがこの業種でしょう。必要なのは、開業する地域に根差した情報量です。加えますと、地域の町内会長や多くの土地所有者とのつながりです。ほとんどの地域には、長年培ったつながりや情報量をもとに取引を維持している業者が必ずあります。そういった地域で行おうとすること自体が、もし情報や関係強化が行えたとしても、バッティングすることが多く、収益に結びつかないことが多くなります。新しく不動産取引業者を開業するにはなかなかハードルが高そうです。

開業時に知っておくべき事項

不動産業を開業する場合には宅地建物取引主任の国家資格免許を取得しておく必要があります。そして事務所を出そうとする地において大臣又は知事に対して免許申請が必要で、降りるまでに1ヶ月前後かかります。会社を設立する場合には事務所の登記が必要になりますが、自宅で開業することもできます。場所の選定はなるべくは交通の要所に近いほうが取引には有利ですが、インターネットでサイトを立ち上げて営業もできるので必ずしもでは無いかもしれません。大きな額の取引を行うことになるので営業保証金を預けることになりますが、全国宅地建物取引業保証協会へ入会するとその供託が免除され、小額の保証金分担金で済むので負担軽減できます。不動産会社を設立するには上記のような手続をする必要があります。